ブログ運営・副業

ブログ初心者にコンサルは必要?客観視したい場合にはおすすめ

更新日:

身近な人が「ブログで月の収入○万円」となると、「ブログやってみようかな…」という声も増えてきます。

そこで初心者にもコンサルが必要かということになるのですが、結論として「客観視したい場合に」ということになります。いくらコンサルを求めても、「意思と行動力」がないと難しいです。

実際に自分で調べながらスタートしてみて、やってみて、これであっているのかどうかわからない場合にアドバイスを求める。

闇雲にスタートして挫折するよりかは、継続していくためにアドバイスを求めることも必要だと思います。

私の妹が”やってみたい”と相談してきたので、妹へのコンサル実例をまとめました。

ブログ初心者は無料のはてなブログからスタートしてみよ

私が妹へ最初に行ったアドバイスが、「はてなブログ 始め方」でググってスタートせよ。というもの。

本格的にやるのであれば「ワードプレスでのブログサイト作成を推奨」するのですが、まずは継続できるかどうか。ブログをスタートしても、継続できない人がほとんどです。

こちらのブログでは、しっかりデータで検証されていて面白いです。

・3ヶ月続くブログは70%
・1年間続くブログは30%
・2年間続くブログは10%
ブログは一年続くの?読者数は?2万件のはてなブログで分析する - プロクラシスト

継続できないのに、月額費用やサーバー代を払うのはムダでしかありません。(投資と考えられる人なら別ですが)

ブログを継続するために必要な”最低限の能力”は以下のようなものだと思います。

  • 調べればわかることは自分で調べる力
  • ”したい”と思うだけではない行動力
  • インプットしたものをアウトプットできる力

なので「やってみたいなら、まずは始めよ。話はそこからだ」というアドバイスになるわけですね。

実際にやってみて1記事書くのにどれぐらいの時間がかかるのか、その時間を継続して割くことができるのかを試すことからスタートするのがおすすめです。

Twitterアカウントを作ってお手本となる人をフォローせよ

自分の知識をアウトプットしながら楽しく書ける雑記ブログは、そう簡単に稼げるものではありません。

コツコツと「誰かに役立つコンテンツ作成」を継続することができるのであれば、2万円/月のお小遣い程度なら可能かと思います。

日本アフィリエイト協議会(JAO)のこちらの記事が参考になります。

過去のアフィリエイト市場調査結果との比較
■アフィリエイト市場調査2013: 月3万円以上が2.4%、月1,000円未満が78.4%
■アフィリエイト市場調査2015: 月3万円以上が4.0%、月1,000円未満が70.2%
■アフィリエイト市場調査2017: 月3万円以上が5.7%、月1,000円未満が72.3%
参照:アフィリエイト市場調査2017を発表~月3万円以上のアフィリエイト収入があるのは全体の5.7% ~

身近な人がやれていると簡単そうに見えるけど、簡単ではありません。

”お金だけ”を見ていると、情報商材に騙されたり暗黒面に陥ることも。

そこでTwitterで「お手本となる人」をフォローしておくと、道を誤らずにすみます。

ブログの勉強のためには、ヒトデさんのブログがおすすめ。

完全初心者のためのブログの始め方|どこよりもわかりやすく、優しく解説

Twitterもフォローしましょう。ヒトデさんがリツイートしている方達も、お手本となることが多いはず。

Twitterでお手本となる人から正しい知識を得ながら、自分でもアウトプットを。

制限された文字数の中で情報を発信することは勉強にもなります。


ブログを「客観視」してみてみる

実際に記事が書けたら、友人や知人にみてもらったり「客観視」する視点が必要です。たくさんダメだししてもらいましょう。

  • 伝えたいことは伝わっているか
  • 魅力的な内容になっているか
  • 読みやすいか

などなど。

きちんとした記事を書くためには調べることも大事で、1記事に数時間を要するのは当たり前。ちゃっちゃっと書いた日常内容に価値があるのは、有名人ぐらいです。

頑張って書いた努力がムダになってしまわないように、ブログ初心者は早めの軌道修正がおすすめです。

身近で相談できる人がいないという時には、知識のある人にコンサルを頼むのも一つの方法。ただ、アドバイスをもらうためには人の時間を使うのですから、当然費用も発生してきます。

”誰かにアドバイスをして実績を作りたい”という人など、相手にもメリットがあるのであれば無料でコンサルをしてもらえることもあるかと思います。

初心者ブロガー妹の初記事に対するアドバイスポイント

ということで、妹の初ブログ記事へのアドバイスをネタにさせてもらう!自分のブログを使って公開アドバイス(笑)

ブログのタイトルも大事

またタイトルは変更するかと思うので、キャプチャとってみました。

まみやんの「縁の下の力持ち」になりたくて(仮)

タイトルに共感性がなく、「名前も知らないアナタの気持ちなんて知らないっす」となります。ひとりよがりにならないタイトルを考えてみるといいはず。

なるべく短い方が、覚えやすくておすすめ。

とはいえ、まだ方向性が定まっていないと思うのでそれはおいおい。

「自分だったらどんなキーワードで探す?」を考え上位の記事を参考に

初めて書いた記事のタイトルがこちら。

この記事の内容を求めている人が探すキーワードは「ブユ 刺された 対処法」と想定してググってみます。

するとしっかりした記事がたくさんでてきます。それ以上の深い知識のコンテンツが書けるのならいいのですが、そうでなければ知識の深い人に任せるべき。

何よりYMYL系コンテンツは信頼性のある人が発信する内容でないと、上位に表示されにくくなっています。

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略で、お金や暮らしに影響するコンテンツを指します。

たとえば金融・医療・法律など。専門家の方が評価されやすいので、このジャンルの記事はあまりおすすめしません。

「自分だからこそ書ける」記事を書くべし

じゃあどういう記事がいいのさ。となるかと思うのですが、やはり”自分にしか書けない知識のコンテンツ”がおすすめです。

たとえば「宮崎で子ども連れにおすすめのお店」という方向性なら、宮崎に住んでいる人にしか深いコンテンツを書くことができません。

子どもの数が多ければ多いほど、アドバイスできることも増えてくるかと思います。

たとえば「3人 子育て」と検索すると、検索結果とともに、よく検索されている関連キーワードが表示されます。

自分が普段興味を持っているようなことを”実際に自分ならどういうキーワードで検索するだろう”と調べてみて、その情報が少なければ、あなたが形にすればいいのです。

そうすることで、同じようなキーワードで検索して調べている人にとって喜んでもらえる記事になります。

内容がわかるように丁寧に

自分の中ではわかっていても、相手にはきちんと言葉にしないと伝わりません。たとえば「発見が遅れたとき」という見出しは、何の発見が遅れた時なのかがわかりません。

丁寧に言葉にしていくことで、わかりやすく、かつコンテンツ量も増えます。たとえばこの部分をリライトしてみます。

大見出し:ブユを寄せ付けないためには「ハッカ油」が最適

ブユには一般的な虫除けスプレーはほぼ効きません。実際にブユには効果がなく、刺されてしまいましたから。。。

ブユを寄せ付けないためには、「ハッカ油」が有効です。虫はハッカの匂いが大嫌いなので、ブユ以外の虫除けとしても効果抜群なのです。

ハッカ油スプレーは市販されていますが、コスパを考えるなら自作がおすすめ!(続く)

見出しをキレイに作ろう

検索エンジンにわかりやすいように記事を作るためには、見出しも大事です。

一見、キレイに作れているようですが

ソースコードをチェックするとこんな感じ。

見出しだけ抜き出してみました。

見出しのダメな例

h1:ブユに刺された時の対処法
h3:ブユ・ブト・ブヨに刺されたときの対処方法まとめ
h4:ブユとは?
h4:対処方法
h5:寄せ付けない
h5:ハッカ油のスプレーを作ろう100ml
h3:刺されたのを発見した時
h4:ポイズンリムーバーで対処する
h4:発見が遅れたとき

「h1」の次に「h2」がなくて「h3」「h4」の見出しがあります。見出しの使い方がわかっていなくて、情報の整理がされていない状態ですね。

きちんとしたテンプレートを使用すると、たいてい記事のタイトルが自動で「h1」に設定されています。

そのため、記事の最初の見出しは基本的にh2になります。

  • h2:大見出し
  • h3:小見出し

記事を作る時には、まずはh2で作りたい大まかな内容の「大見出し」を作ること。そのh2の内容が多すぎするのであれば、h3の小見出しで分けると、内容が整理されて読み手にもわかりやすくなります。

見出しを先に作るメリットは次のようなものです。

  • 話の流れが整理される
  • 自然と文字数が増える

初心者あるあるなのが、”何が言いたいのかわからなくなってしまう”文章になってしまうこと。最初に流れを整理していないと、最初と最後の話が違っていることもあります。

また最初に4つ見出しを作ったとすると、1つの見出しの中で250文字程度書けば、あっという間に1000文字以上に。自然と文字数が増えていきます。

さて、見出しを整理してみたのがこちら。

見出し例


h1:ブユ・ブト・ブヨに刺された!対処方法まとめ (タイトル)

h2:ブユとはどんな生き物?

h2:ブユを寄せ付けないためには「ハッカ油」が最適
 h3:ハッカ油スプレーの作り方(100ml)
 h3:ハッカ油のさまざまな使い方

h2:ブユに刺されてしまった時には2〜3分以内に対処を
 ※2〜3分以内に対応ができなかった場合、どうなってしまうのか知りたい

h2:刺された後の対処が遅れてしまった時は?

見出しだけで、全体の流れがわかるかなと思います。

最初の大見出しの前(最初の文章)には、「この記事に探していた情報がある」と思ってもらえるような前文を。

また見出し以外にも、「リストタグ」を使用するのがおすすめ。こういった部分に使います。

タグについてはググって調べてね。と思ったけど、記事作ってました。


「キーワード」を意識して盛り込む

「ブユ」がテーマなら「ブユ」のキーワードを意識して盛り込みましょう。理想は一つの大見出し(h2)段落内に、一つ以上。

でもこれは”やたらめったらに文章内に盛り込む”というわけではありません。たくさんもりこみすぎると、うざい&スパムみたいな文章になるのでご注意を。

私が推奨する理由は、SEOのためということよりも”テーマから逸れないための対策”です。

1記事少なくとも1000文字以上書いた方がよいのですが、慣れないと文字数を多くしようと話があっちこっちにとんでしまいます。

1つの段落内に1回は登場させることを意識することが、最初から最後まで一貫したテーマで文章を書くことにつながります。

スマートフォンで読む人を意識するべし

書いたブログは、PCだけでなくスマートフォンでもチェック。今の時代、スマートフォンで読む人がほとんどです。

こちら、スマートフォンからみた表示。

うわー文字文字して読みにくい!たいていの人は、第一印象が”めんどくさそう”となり一目見て去ってしまいます。

  • 1文は80文字以内を目安に(文章が長いと何を言ってるかわからなくなる)
  • 1〜2文ごとに改行(段落スペース)を入れる

という工夫をすることで、スマートフォンでも読みやすくなります。文字数をチェックする場合には、「文字数カウント」と検索するといろんなツールがあるので使いやすいものを。

妹の文章を元に検証してみましょう。この文章、100文字ちょいです。

一般的なテントだと立ち上げなどに力が必要で、子供たちもなかなか手伝うことが難しく設置中とっても暇そうですが、こちらのテントは力を必要とする作業がほとんどありませんので設営~撤収まで喜んで手伝ってくれます。

100文字を超えるような文章は、たいてい言いたいことが2つ以上詰まっているので、文章を分けてあげます。例えばこんな感じ(仕様上、改行がうまくできていませんが。。)

一般的なテントだと力が必要となるため、大人中心の設営作業となります。その間、子供達は手持ちぶさた。

その点、タケノコテントは力を必要とする作業がほとんどありません。子供達も一緒に設営ができるので、設営~撤収まで喜んで手伝ってくれています。

いろんな人のブログを読みながら”自分だったらこんな書き方が読みやすいな”というのをお手本にするのがコツです。


10記事書けたら投資をしよう!

1,000文字以上10記事書けたのなら、ある程度「情報を調べる力」と「継続力」はついてきていると思います。

自信がついてきたら、月額1,000円程度の投資を考えてもいいタイミングなはず。独自ドメインを取得しサイトのデザインに力を入れるなど、よりブログサイトをグレードアップさせましょう!

独自ドメインとは、好きなURLのこと。URLを独自ドメインにするメリットは、覚えてもらいやすくなり、信頼性があがること。

また独自のURL=自分だけのものなので、オリジナル性が高まります。

「より検索で表示されるようにするため別のサービスに変更したい」といった際にも取得したURLを使いつづけることができ、ドメインの評価を引き継げます。

ここで、独自ドメイン取得のためにどちらかを選択。

  1. はてなブログを有料化(月額600円〜1,008円+ドメイン代)
  2. サーバーを借りてWordPressでサイトを作成

それぞれにメリット・デメリットがあります。

はてなブログPro(有料版)を使う

正直、ブログに本格的に力を入れるのであればWordPressでのブログサイトづくりがおすすめです。

「調べてみたけどWordPressでサイトの作り方がわからない」という人は、はてなブログを。

ドメインを取得する場合は、「ムームードメイン」か「お名前.com」がおすすめ。

多くの人が利用しているサービスなので、設定方法も調べればすぐにわかります。

サーバーを借りてWordPressでサイトを作成

サーバーを借りる場合は、エックスサーバーがおすすめ。

月額900円〜1,080円で、キャンペーン期間に契約すると通常1年更新で費用がかかるドメイン代がずっと0円です。

困った時のサポートもしっかりしています。

ただし、ある程度の知識が必要になってきます。まずはWordPressでのブログサイトづくりにチャレンジを!

ダメだった時に、はてなブログProでの運用を考えるのがよいかと思います。

収益化を考えはじめるのは30記事作ってから

アフィリエイトには「審査」があり、しっかりとしたコンテンツがないと落ちます。

運よく数記事で審査に受かったとしても、数記事だけの状態ではアクセスを集めることができないので収益にも繋がりません。

ここで”ブログ初めてみたけどうまくいかない”と挫折してしまうのです。

日本アフィリエイト協議会のデータでは、こう結論づけています。

アフィリエイトは誰でも簡単に稼げるわけでは無く、「時間と労力をかけ、しっかりとサイトを運営・管理しているアフィリエイトサイト運営者ほど、アフィリエイトで高い収入を得られる傾向にある」という点が2017年度のアフィリエイト市場調査によって示されております。
アフィリエイト市場調査2017を発表 ~月3万円以上の収入があるのは全体の5.7%~/日本アフィリエイト協議会(JAO)

収益につなげるといっても、すぐに収益につながらないことがほとんど。

”自分と同じような人に役立つのはどんなコンテンツか”を考えながら、記事作成に集中を。

30記事しっかりとしたコンテンツを作れると、たいていのアフィリエイト審査には合格するはず。

ブログの方向性とデザインを整えて、アフィリエイトの審査に臨みましょう!

合格することで自信につながり、”集客するだけで収益につながる”Adsenseの楽しみも得られることで、継続につなげていけるはずです。

関連コンテンツ(広告含む)

-ブログ運営・副業

Copyright© MIYAZAKI LIFE , 2019 All Rights Reserved.