ブログ運営・副業

在宅ワークや副業におすすめWebライター!未経験でも今日から月1万円〜稼ぐ始め方

更新日:

在宅ワークや副業に、Webライターがおすすめ!未経験の初心者であっても、月1万円〜稼ぐのは簡単なうえ、何もしていなくても収入を生み出すスキルを身に付けることができます。

初心者Webライターが稼ぐためのポイントは3つ。

  1. 未経験者は低単価からスタートして無理をしない!継続は力なり
  2. 仕事探しに時間をかけない。探しやすいサイトでサクサク稼ぐ
  3. スキルUPして”さらに”稼ぐ手段を増やす!

副業として負担のないお仕事の探し方、そしておすすめのサイトをご紹介します。




ライター未経験者は低単価からスタートがおすすめ

Webライターのお仕事は未経験でも今日から収益につなげられ、スキルを身につけることで”稼げる”お仕事にすることができます。

ライターとしての経験がなく、副業にできるかどうか考えている人は、短文で気軽にライティングできるような案件が多いサービスサイトに登録して試してみるのがおすすめ。

以前ライター未経験からはじめた人達に所要時間を聞いたところ、1500文字程度の記事を1本書き上げる時間は3時間前後の人が多かったです。

初心者向けライティング案件の相場は、1文字0.3円〜。600文字200円のお仕事を選べば、2本ライティングして400円。

1日2時間(400円)×30日で12,000円!とライターの経験がない初心者であっても、副業として月1万円〜稼ぐのは難しくないのです。

最初のうちは時給に換算すると「安すぎる・・・」と思い、なるべく1文字単価の高い案件を選びたくなるかもしれません。

ただ、1文字単価1円〜のライティング案件は、ある程度のライティングスキルを求められる+長文が中心となるのです。

時間をかけて取り組んだのにスキル不足で非承認(0円)になると、”これまでの時間はなんだったんだ・・・”と嫌になってしまうし、”ライターは自分に無理だ”という気持ちに陥ります(私自身もテスト案件で徹底的にダメだしされた時には、かなり凹みました。。。)。

と同時にボツになるレベルのライティングは、依頼した側にもよい印象を与えません。ライティング内容をチェックするのにも時間がかかるわけですから。

初心者は無理なく、”どんなライティングが求められるのか”というのを学ぶところから。お金をもらいながらライターとしての勉強をさせてもらっていると思って、スキルUPに励みましょう。

ライターとしての実績を積み上げることで信頼を得られるようになり、1文字単価1円〜、時給1,000円〜も可能になります!

在宅ワークの副業にWebライターをおすすめする3つの理由

パソコンがあればどこにいてもお仕事ができるので、在宅ワークの副業としてWebライターはおすすめです。

おすすめ理由1.需要が高く副業レベルでも可能なお仕事が豊富

Webライターのお仕事の需要は年々高まっています。その理由のひとつが、検索した時に上位に表示するための「SEO対策」。

検索結果の上位に表示していくためには、検索する際の検索エンジンがサイトを評価してもらうことが大事です。

2010年よりYahoo!検索エンジンはGoogleの検索エンジン技術を活用しています。つまりは検索した時に上位に表示されるためには、Googleに評価されやすいサイト作りが大切です。

Googleの検索エンジンは、2011年にサイトの『コンテンツの質』を評価する「パンダアップデート」を実施しました。

そのため、Webサイトの質を高めるコンテンツを作成することのできる”Webライター”の需要も高まっているのです。

Webライターのお仕事募集はさまざまなサイトで行われていますが、もちろん大きなサイトや報酬が高いお仕事になるほどスキルや経験が求められます。

おすすめ理由2.在宅ワークの理想!副業としてブログで稼げるスキルが身につく

Webライターとして仕事をする中で多い依頼が、SEOを考慮したライティング。在宅ワークとしてWebライティングをする中で、自然とSEOライティングのスキルが身についてくるはず。

SEOライティングに慣れてきたら、そのスキルを活かし、ブログでお小遣い稼ぎをするのもおすすめです。

自分でブログ記事を書いてアクセスを集めることができれば、何もしていなくても収入が生まれる仕組みを作ることができます

私はスキマ時間で1ヶ月1〜3本しか書いていないのですが、月々のちょっとしたお小遣いにつながっています。

自分のサイトで文章を書き分析を行うことで、”読者にとって役に立つ情報ほど集客できる”ということを実感でき、よりスキルの高いWebライターを目指せるはず。

おすすめ理由3.地域の力となる希少な人材になれる

たとえば「○○(地域名) ライター募集  地域メディア」というキーワードで検索すると、ライターを募集している様々な地域メディアサイトが検索結果に表示されます。

地域ならではのライティングができる、地元ライターは貴重!報酬もしっかりしているメディアが多いです。

実績など即戦力となるような実力を問われる場合も多いので、ライティングをする中で文章力に自信がでてきたら、ぜひチャレンジしましょう!

在宅ワークを探す「クラウドソーシングサービス」の特徴

Webライターの未経験者やスキマ時間でお仕事したい人におすすめなのが、クラウドソーシングサービス。ライターを募集するサービスは主に、「プラットフォーム型」と「受託型」があります。

プラットフォーム型のお仕事の特徴

プラットフォーム型のサービスで有名なのは、「クラウドワークス」や「ランサーズ」。発注企業がサービスに登録して、在宅でお仕事してもらえる人を探しています。

案件が数多くあるのが大きなメリットですが、ライターとしての経験が少ないと、自分のスキルや希望に合ったお仕事内容を探すのに時間がかかります

”文字数が少ないので、このお仕事ならできそう”と思うライティングの依頼であっても、依頼内容を読んだら”週○本以上、全部で○本”という自分には無理なボリュームだったりすることも。

レビューやアンケートのお仕事もたくさんあるので、そういったお仕事を選んでサクサクとお小遣い稼ぎするのにもおすすめです。

受託型のお仕事の特徴

受託型のサービスで有名なのは、「サグーワークス」や「Shinobiライティング」。発注企業とライターの間に企業が入ってディレクションしているので、一定のルールの元にライティングをすることができます。

ライティングに特化しているサービスなので、案件の種類や文字数のボリュームからお仕事を検索することができます。




ライター初心者におすすめのサービス

ライターの経験がない、初心者から在宅ライターとしてスキルアップしていきたいなら、まずは「受託型」のライターに特化したサービスへの登録がおすすめです。

初心者が取り組みやすい、以下のような特徴があることがその理由です。

  • 一定のルールがあるのでコツを掴めばスピードUP
  • ライティングをしやすい特別なシステムがある
  • 得意とするジャンルや文字数から案件を探せる

Webライターは在宅ワークの副業として人気なので、自分がライティングできそうな案件があっという間になくなることも。

自分に合ったお仕事がいつでもあるわけではないので、複数サービスに登録することをおすすめします。

レベルアップが楽しい「サグーワークス」

サグーワークスの特徴は、投稿した記事の判定が「非承認」になった時に改善ポイントが記載されていること。”なぜ非承認になったのか”ということがわかれば、その後の記事作成に活かすことができます。

また、段落ごとなど細かな項目ごとに入力項目が分かれているため、項目ごとに求められるライティングがわかりやすくなっています。

サグーワークスでとても魅力的だなと思うのが、レベルアップ制度。ライターランクが「レギュラー」「ゴールド」「プラチナ」とわかれていて、もちろんランクが上がるほど報酬がアップ。

レベルが上がれば管理画面にレベルアップ!と表示され、達成感が増します。

投稿のポイントによってレベルが上がっていきますが、独自の文章力テストに合格すると「プラチナライター」になることができます。文章力に自信がでてきたら、何度でも挑戦できる「プラチナライター」のテストを受けてみましょう!



ライティング特化型在宅ワークのサグーワークス

得意ジャンルを見つけやすい「Shinobiライティング」

Shinobiライティングでは、SEOを意識した文章のライティングを学ぶことができます。SEOライティングができるようになると、大きな武器にもなるはず。

Shinobiライティングでは短文の案件も豊富なので、決まった文字数内で魅力的な文章を書き上げる練習をしていきましょう。

Shinobiライティングの魅力は、ワードクラウドによって自分の書けそうなテーマを見つけやすいこと。

そして、誰に向けた文章なのかなど指示がわかりやすい点です。”誰に向けた文章か”がわかるだけで、求められる文章を想像しやすくなります。

比較的ライティングの時間制限が短く、制限時間を過ぎると解除されてしまうため、時間が過ぎたらすかさず再エントリーを。

実績を作ってから詳細なプロフィール登録でPRすると、単価の高い特別なお仕事の依頼を受けることもできるかもしれません。

ライター初心者におすすめの本

”ライターとして少しでもスキルアップ”したいという人に、おすすめの本です!

基本的なライティング方法のポイントがわかる本

ライター初心者におすすめする本が、「エディターズ・ハンドブック 編集者・ライターのための必修基礎知識 (Editor’s Handbook)」。

0からスタートする未経験のライターさんに、わかりやすい文章の書き方を教える際にすごく役立った本です。ライター初心者に役立つのは、「原稿の書き方」と「原稿整理と校正・校閲」の項目。

ライティングに慣れていない人に多いのが、このパターンでした。

  • なくてもいい接続詞が多い
  • 一文が長くて何を言っているかわからない
  • 語尾に変化がない
  • 同じフレーズの繰り返し
  • 漢字が多い(堅苦しい)

そういった、読みやすくて”編集者からみて好印象をもたれる”文章を書くためのノウハウが詰まっていますよ!

日本語の表記を確認できる本

「しっかりした日本語を描きたい」という初心者ライターさんにおすすめの本が、「記者ハンドブック 第13版 新聞用字用語集」。

「ベッド?ベット?」「取り扱い?取扱い?」といった、表記ゆれを確認できます。新聞記者や雑誌の編集者がいつも手元に置いている本です。

SEO+魅力的なライティングを学べる本

商品を紹介する・サービスを伝える・取材をするなど、”魅力を伝える”ためのライティングを学びたい人向けの本。

読む人のことまで考えたライティングができるようになると、ライターとしての幅が広がります!ストーリー仕立てなので、本が苦手な人でも読みやすいです。

ライターで稼ぐ前に知っておきたい「確定申告」のこと

ライターで稼ぐ時に注意しておきたいのが、確定申告。副業として稼ぐ場合には、副業利益20万円以上で確定申告が必要です。

確定申告のパターンは人によってさまざまで、私自身ググって調べてもサイトによって情報が異なっていたので、調べれば調べるほど混乱していました。

そこで、おすすめの本が「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えて下さい!」。税理士が教えてくれる内容なので、間違いなし!&わかりやすい。

こんな人におすすめです。

  • 副業を会社にバレたくない
  • 確定申告とかほんとよくわからない
  • 会社員とフリーランスの違い
  • 白色申告と青色申告の違い
  • 節税の方法が知りたい
さかぽん
独自にライティングしてきたので、スキルをあげたくてさまざまなサービスをお試し中。ライター未経験者や副業によいサービスがあれば、随時更新していきます!

-ブログ運営・副業

Copyright© MIYAZAKI LIFE , 2019 All Rights Reserved.