宮崎暮らしの視点から、徒然なるままに。

Miyazaki Life

Google

【2017年】GoogleAdsense二次審査が通らないときの手直し点

更新日:

一次審査で1ヶ月、二次審査で3ヶ月かけて2017年2月にようやくGoogleAdsenseの審査に合格。諦めずに改善し続けた内容を、同じように奮闘している人に向けて紹介します。

スポンサーリンク

Adsense審査が通らない理由がわからないときは基本に立ち返るべし

一次審査後の二次審査は受かったも同然と思っていたのですが、結果として3ヶ月、審査に受からない理由がわからず苦しみました。

1週間以上たっても返事がこなかったり、審査の状況に疑問を感じたときにはAdSense 審査状況確認フォームから報告することができます。

が、何度送っても返事は返ってきませんでした。これはGoogle様が「いやいや、そもそも基本ができてないし。いうまでもなく、自分で何が必要か調べて対策してね」という愛のメッセージだと受け取りました。

基本に立ち返りたい人は、こちらの記事をどうぞ。
Googleアドセンスの1次審査が通らないときの手直し点

二次審査の結果がメールで返ってこなかった私の事例

私の場合は、一次審査通過後、広告コードを貼って二次審査に申請すると、メール結果が返ってこないままステータスが不承認になっている状況でした。そして、一次審査からの再スタート。

何度申請しても、メールでの審査結果が返ってこないまま不承認となるため、何が原因で二次審査で不承認になっているか不明。そのため、審査フォームから報告してみても、メールでの返信はありません。

申請フォームには、”AdSenseの審査の返答が1週間以上来ない場合や、非承認の理由が現状と異なる場合”と書かれているので、この現状はこれに当てはまらないということでしょうね。。。一応、ステータスとしては不承認となってますし。

「メールでの審査結果が届かない=基本を見直しましょう」というGoogle様からの無言のメッセージだと悟り、記事数を増やしていきました。25記事→NG、27記事→NG。メールでの結果は届かず、すべてAdsenseの審査画面での確認です。

そして30記事まで増やして再審査をしたときに、ようやく待望の二次審査結果メールが届きました。やはり記事数が十分でないという基本的なことが原因で、メールも届かなかったのか・・・安堵してようやく進展したことに歓喜し、開いたメールにはこう書かれていました。

「サイトは審査不能」

「サイトは審査不能」で二次審査に通らなかった原因

届いた不承認メールの理由は「サイトは審査不能」として、URLが記載されていました。

そのURLはWordpressのプレビュー画面のURLでした。そりゃ見れないよ!だって記事は下書き状態で、記事を確認するために開いたURLだもの。

祈る気持ちで「審査状況確認フォーム」から現状を送りましたが、これまでの経験から返事に期待はできません。そのため、なぜプレビュー画面を審査したのかという点を調べてみました。

Adsenseの「お申し込み方法」では、以下の内容があります。

AdSense で高い成果を上げるために最も重要なことは、ユーザーにアピールする、質の高いコンテンツを掲載するサイトを構築することです。AdSense にお申し込みいただく前に、ご自身のサイトがユーザーの興味を惹く、独自性の高いコンテンツを掲載しているかどうかご確認ください。もちろん、訪問者の存在も不可欠です。サイトにアクセスするユーザーがいなければ、広告を見てもらうこともできません。そのため、サイトの存在を十分にアピールしたうえで、広告を掲載するようにしてください。-AdSense へのお申し込み方法

この時点でOrganic Searchで5以下のアクセス数だったため、プレビュー数の方が多い=プレビュー画面が審査対象になってしまったのだと思われます。

結果としてそれぐらいのアクセスでも二次審査を通過することができましたが、こういったこともあるので、アクセスを増やす努力も合わせてしておいたほうがよいでしょう。

プレビュー画面の審査を防ぐためには、アクセス数が増えるまで待つ・・・というのが最善だと思います。が、それを待つ気持ちの余裕もなかったので、こちらの記事を参考に対策しました。

くそむえき:無職なのでGoogleアドセンス二次審査で落とされる ~ワードプレスの場合~

結果、無事問題は解決されたのか、新たな審査結果メールが届きました。再び、「アダルトコンテンツ」の判定です。。※詳細は「Googleアドセンスの1次審査が通らないときの手直し点」参照。

対象記事を非表示にし再審査、そしてようやく無事Adsense審査の合格を手にすることができました(感涙)。

Adsense審査に通らない原因はGoogleの目線で考えるべし

GoogleAdsenseの二次審査に理由もわからないまま落ち続け、正直投げ出してしまいそうな心境になりました。でも、そこにはしっかりとした原因があるはずだと信じて、なんども基本に立ち返りました。

スムーズに合格していたとしても、記事が増え続けた後に何らかの理由で広告が停止となれば、原因が特定できない状況が生まれていたかもしれません。かなり苦労しましたが、たくさんの勉強をさせていただいたことに感謝です。

-Google

Copyright© Miyazaki Life , 2018 All Rights Reserved.