宮崎暮らしの視点から、徒然なるままに。

Miyazaki Life

Google

Googleアドセンスで誤クリックを防ぐための対処法

更新日:

ようやくGoogleアドセンスに受かったものの、自分で広告をクリックするとアカウントが無効になってしまうことも。表示確認のため何回も表示させるため心配になり、誤クリックを防ぐための情報を調べました。



Google アドセンス広告の「誤」クリックは問題なし

まず、結論として「誤」クリック自体は問題ありません。

Google Adsenseのヘルプ「アカウントを適正に運営する」にも、以下のように書かれています。

間違って自分の広告をクリックした場合に必要な対処
サイト運営者様が故意に自分の広告をクリックすることは認められませんが、誤ってクリックする場合も十分に考えられます。このような場合に Google まで特別にご連絡いただく必要はありません。有効と見なされたクリック数および表示回数に対する収益はこれまでどおりお客様のアカウントに集計されますので、ご安心ください。

ただ、Google Adsenseのヘルプ「無効なクリック操作の定義」にもあるように、自分の誤クリック数やインプレッション数が増えれば、アカウントが停止または無効になる可能性があります。

記事を書いて内容を何回も確認する場合には、インプレッション数が増えるため心配な点です。




『Google Publisher Bar』をインストールしよう

Google Publisher BarはChromeの拡張機能で、インストールして有効化することにより、誤クリックを防ぐことができます。

Google Adsenseのヘルプページ「Google サイト運営者向けツールバーについて」でも推奨されているツールです。

Cromeでインストールして有効化すると、ツールバーにマークがでてくるので、クリックすると、アカウントの掲載結果が表示されます。その一番右下に「オーバーレイ」という項目があるので、オンにします。

すると、広告が緑色で薄く覆われ、誤クリックをしても不正操作としてカウントされることがなくなります。

オーバーレイ状態でクリックすると広告先には飛ばず、新しいウィンドウが開き、広告の詳細が表示されるようになります。そのウィンドウから問題ある広告も報告できるようになるので、便利!

Adsenseに合格したら、誤クリックを防ぐためにも、最初に入れておきたいツールですね。

-Google

Copyright© Miyazaki Life , 2018 All Rights Reserved.