宮崎暮らしの視点から、徒然なるままに。

Miyazaki Life

Google

古いURLをなるはやで検索結果(インデックス)から削除する方法

更新日:

インデックスされているけれどサイト上に存在しない古いURLは、Googlebotが巡回してくることにより、自然と検索結果から消えていきます。

「自然に検索結果から消えていく」ことが待てずに、なるはやで検索結果から削除したい場合には、『古いコンテンツの削除ツール』から申請します。



古いコンテンツの削除ツール

古いコンテンツの削除ツールは、ウェブから削除済みのページや画像に対してのみ有効です。

ツール上で削除したいコンテンツのURLを入力し、削除をリクエストします。

削除をリクエストしたURLは分析され、メッセージが表示されます。

このコンテンツはご指定のウェブサイトで公開されていません。このコンテンツは既に存在していないか、Google からブロックされていることを確認しました。

というメッセージ表示がされたら、適正なリクエストと確認されたということ。削除をリクエストしたURLの状況は、『古いコンテンツの削除ツール』のページ上で確認できます。

私の場合には、1日たってからツール上で確認すると「削除済み」のステータスに変わり、検索結果からも無事消えました。

古いコンテンツの削除ツール - Search Console ヘルプ




Google Search Consoleの「URL削除ツール」との違い

Google Search Console上にある「URL削除ツール」は、緊急でURLを削除する必要性がでた場合に使用します。

Search Consoleのヘルプページには、下記のように記載されています。

URL 削除ツールは、機密情報が誤って公開されている場合など、すぐにブロックする必要があるコンテンツに対する最初のステップとして使用します。他の目的でこのツールを使用すると、サイトで問題が発生することがあります。-URL 削除ツール - Search Console ヘルプ

「URL 削除ツールの誤った使い方」として、詳細を紹介してありますので、安易にSearch ConsoleのURL削除ツールは使用しないようにしましょう。

-Google

Copyright© Miyazaki Life , 2018 All Rights Reserved.