宮崎グルメ

ヤマメ料理と自然を満喫できる三股町の『しゃくなげの森』

「やまめ料理が食べられる」という情報を知ったことがきっかけで、三股ブランドアンバサダーとして、初めて三股町の『しゃくなげの森』に行ってきました。

宮崎に住んでいながら、まったく知らなかったので、グルメに自然にストーリーにと、魅力を知って感動の連続でした。



『しゃくなげの森』のはじまりは奥様へのプレゼントから

創業者が奥様の誕生日に、花木の女王と呼ばれる『しゃくなげの花』をプレゼント。愛のあるプレゼントに喜んだ奥様が、しゃくなげの花をあちこちに植えはじめたことが、『しゃくなげの森』ができるきっかけになったのだそう。

『しゃくなげの森』に愛の花が咲く時期は、3月末から5月上旬。ロマンチックなこのストーリーを聞いて、ぜひまたこの時期に訪れたくなりました。

グルメと遊びが楽しめる『しゃくなげの森』

しゃくなげの森のイベント期間には、ヤマメ料理と遊びが楽しめます。

今回は口にできなかったけれど、なんといっても見た目も美しい「黄金イクラ」。どんな味がするんだろう・・・と次に行ったら食べる気まんまんの一品。

臭みもまったくない、ぷりぷりの「やまめのお刺身」。

園内ではインストラクターに学びながら、ヤマメのつかみ取りや、釣りをして遊ぶこともできます。

そしてゲットしたヤマメは塩焼きにも。

ひとつの場所で、遊びにグルメに・・・と楽しめるって、素敵ですね♪

夏休みの自由研究にぴったりなイベントもたくさんあるみたい。

小さい頃に、山の中の自然が溢れる川で遊んだこと、すごく記憶に残っているんですよね。

水難救助のスペシャリストに川での注意点を学びながら、ライフジャケットを着用し”安全で楽しく川遊び”ができる場所だったので、姪っ子を連れてまた訪れたい場所となりました。


ふるさと納税でお得に美味しい宮崎グルメを

こちらの記事に、宮崎県民も意外と知らない?ふるさと納税のおすすめの品をまとめました。

「ふるさと納税がお得」と聞いても何がお得かさっぱりだったのですが、最近ようやく理解できました。

サラリーマンなら、毎月給与から所得税・住民税が引かれています。簡単に言えばこの税金が”寄附を行った分、差し引かれる”のです(実質自己負担金2,000円を除く)。

たとえば、年間28,000円の税金のうち26,000円差し引かれるということ。2018年中(1月1日~12月31日)の寄附金は、住民税の場合、2019年6月以降に納める住民税から減額されます。

寄附金を行う自治体によっては、寄付のお礼の品が届く。これが「ふるさと納税のお礼の品」なんですね。

関連コンテンツ(広告含む)

-宮崎グルメ

Copyright© MIYAZAKI LIFE , 2019 All Rights Reserved.