宮崎グルメ

飲み会にもディナーにもぴったりな「橘通もみじ」/宮崎市

「宮崎市の街中で3500円以内で飲み放題で・・・」と聞かれたときに、必ず候補に入れるのが『橘通もみじ』。橘通もみじの魅力をご紹介します!




『橘通りもみじ』のおすすめポイント

生湯葉と雲丹のお造り

橘通りもみじには、おすすめできるポイントがたくさんあります。(2008年から通い続け過去の情報も含めているので、古くなっている情報もあるかもしれません)

1.おもてなしの心が素敵

予約をすると、オーナー自らのメッセージカードが。忙しい合間に書いてくれてる気持ちが嬉しくなります。

橘通もみじのメッセージカード

2.飲み放題のお酒が美味しい

ビールはハートランド。カクテルやノンアルコールカクテルも豊富でしかも濃ゆい!とくるのでポイントUP↑↑

ズベリーのカクテルを選んだらラズベリーの実がぷかぷかたくさん浮いてて。ヨーグルトマンゴーのカクテル選んだら、ちゃんとヨーグルしていて♪

お酒が美味しいと、料理もまた美味しくなる。お酒がマズイと、料理もマズくなる・・・。飲み放題のお酒の味は、重要ですっっ(力説)

3.季節を感じる洋風+和が融合した美味しい料理

若い人から年配まで揃う飲み会となると、料理が難しい。その点、橘通もみじでは洋と和が融合した料理を楽しむことができ、コース内容の相談にものってくれます。

たとえば、コースのはじめは手作り自家製とうふ。オリーブオイルと塩or和のあんと選べます。お豆腐が美味しいことはさながら、こういう食べ方もあるんだなと感動した一品。

橘通もみじの自家製豆腐

若い女性がいるときにはぜひとも取り入れたいシーザーサラダ。カボチャのフライがほくほくと甘く、いろいろお野菜が入って彩りもキレイ!

もみじのシーザーサラダ

〆に最適なのが、お茶漬け。このときのお茶漬けは、柚子胡椒がさっぱりとしたアクセントになり、
お腹いっぱいのはずなのにするするするっとお腹の中に吸い込まれていきました。

ocha-momiji

4.何回もリピートする一品が見つかる

ここでしか食べられない美味しさの一品があると、リピートしてしまうもの。私が何度も頼んでしまっている定番の品、一例。

もみじにて、必ず注文する「砂ずりゴマ油」。ごま油+塩の組み合わせは最強です。コリコリして鮮度抜群。

もみじの砂ずり

これも必ず頼む一品「日南鶏熔岩焼き」。熱々の石の上で正油ベースのタレをもみ込んだ肉を焼いて食べます。

もみじの溶岩焼き

丸ごと焼けた石の上で鶏肉があっという間にじゅわ~っと焼け、タレが焦げて香ばしいっっ!はじめて口にする人はみんな喜んでくれるので、その反応をみて私までにんまりなっちゃいます。

5.和食なのにリーズナブル

和食って、お会計のときにけっこうな値段になることがあるんですよね。その点、もみじはリーズナブル。単品注文で食べて飲んで、3000円行かないときも。

最近では日本酒とおつまみで過ごす時間もお気に入り。日本酒おつまみセットがまた、たまらないのです。若干、街中からは外れますが、足を運ぶ価値ありでです。

もみじのおつまみセット

橘通もみじの店舗情報

[店内/設備]55席(最大宴会収容数30名)
[住所]宮崎県宮崎市橘通東1丁目8-15(GoogleMapで場所を表示
[TEL]0985-29-9633
[定休日]日曜
[営業時間]17:30~23:00(LO 22:30)
[口コミ]食べログ

ふるさと納税でお得に美味しい宮崎グルメを

こちらの記事に、宮崎県民も意外と知らない?ふるさと納税のおすすめの品をまとめました。

「ふるさと納税がお得」と聞いても何がお得かさっぱりだったのですが、最近ようやく理解できました。

サラリーマンなら、毎月給与から所得税・住民税が引かれています。簡単に言えばこの税金が”寄附を行った分、差し引かれる”のです(実質自己負担金2,000円を除く)。

たとえば、年間28,000円の税金のうち26,000円差し引かれるということ。2018年中(1月1日~12月31日)の寄附金は、住民税の場合、2019年6月以降に納める住民税から減額されます。

寄附金を行う自治体によっては、寄付のお礼の品が届く。これが「ふるさと納税のお礼の品」なんですね。

関連コンテンツ(広告含む)

-宮崎グルメ

Copyright© MIYAZAKI LIFE , 2019 All Rights Reserved.