宮崎暮らしの視点から、徒然なるままに。

Miyazaki Life

知識・IT

個人ブログにお問い合わせフォームは必要?

更新日:

個人ブログにお問い合わせフォームが必要なのかどうか悩むところですが、あって損はありません。設置が可能なら、用意しておくのがおすすめです。




連絡をとれるようにすることで信頼性が高まる

お問い合わせフォームなど連絡先の手段を明確にすることで、信頼性が高まります。

ブログでは基本的にコメントを残すことができるので、”お問い合わせフォームがなくてもコメントを残せれば十分なのでは?”と思うかもしれません。

けれど、”他の人に見える形で情報を残したくない”というケースもあります。

”公開しているSNSアカウントからダイレクトメッセージを送ってもらう方法は?”と思うかもしれませんが、相手がそのツールを使っていなければ連絡が取れません。

対企業の場合には、企業のSNSアカウントがないケースも多く、個人アカウントからはメッセージを送りたくないという場合もあるのです。

何かしらの方法で連絡を取りたくても、その連絡先がなかったら不信感に変わります。

お問い合わせフォームがあれば、24時間必要な時に連絡を取ることができるというのがメリット。メーラーを起動する必要もなく、気軽にメッセージを送れるため、問い合わせアップにもつながります。




個人ブログでもお問い合わせフォームが必要とされるケース

個人ブログで流入数も少ないし・・・と思っていても、思わぬ連絡がくることがあります。個人情報を公開したくないという時にも、連絡先(メールアドレス)を非公開で受け付けることのできるお問い合わせフォームが便利です。

思いもよらない依頼がくる場合がある

個人の小さなブログであっても、思いもよらない依頼がくる場合があります。

私のケースでは、15年も前に日常のブログを綴っていただけで、有名なテレビ番組から”ブログの内容を再現VTRで紹介したい”という依頼がありました。個人のブログでも、テレビの情報源になるんだなと実感してびっくりしたものです。

また、検索で上位に表示されるようになると、”○○のキーワードで上位に表示されていたので、お願いできませんか?”というようなクローズド案件の依頼がくるようになります。クローズド案件とは、一般には公開されていない案件のこと。

一般には公開されていない分、高単価のお仕事にもつながります。公開したくない=見える場で依頼することはできないため、お問い合わせフォームがあると依頼しやすくなるというわけです。

イチ個人でも情報を発信する責任を

個人ブログなので好き勝手に書いてもいい・・・と思っていても、検索で情報が見つかる状態にある限り、間違った情報を発信し続けるべきではありません。

間違った情報を発信すると、思わぬ場所で思わぬ事態が起こることもあります。その間違った情報を元に、情報元となる先に問合せが相次ぐ・・・といったことも多々あるのです。

実際に私の元にはそういった相談が何件かありました。

ブログを書いた人に連絡を取りたくても連絡先がないと、間違った情報を訂正してもらうことができません。

訂正ができないことにより事態が大きくなれば、ブログを書いた人を特定する動きになり、何かしらの責任を問われることにもなりかねません。

間違った情報を速やかに訂正するためにも、お問い合わせフォームは必要でしょう。

お問い合わせ用メールアドレスを準備しておくのがおすすめ

お問い合わせフォームを設置後、アクセス4万程でも10日で2件のお問い合わせがありました。効果抜群!

その際に気づいたのが、お問い合わせフォーム用のメールアドレスを用意しておいたほうがよいということ。

不特定多数の人から連絡がくるわけですから、個人のお仕事用メールアドレスで返信するのも(署名に個人情報あるし)・・・となり、公開しても問題ないアドレスを作成しました。

お仕事している身では、技術に関する個人的な質問が多くきても返信が難しいため、お問い合わせフォームに補足の文章も追加しました。

さかぽん
お問い合わせフォーム、やっぱり作っておいてよかったです。

-知識・IT

Copyright© Miyazaki Life , 2018 All Rights Reserved.