宮崎暮らしの視点から、徒然なるままに。

Miyazaki Life

仕事・副業

未経験・副業におすすめWebライター!おすすめサイトとその理由

更新日:

空いたスキマ時間で仕事をしたい、副業をしたいという時に、パソコンひとつでお仕事ができるWebライターがおすすめです。ライター未経験者のお仕事の選び方、そしておすすめのサイトをご紹介します。




Webライターをおすすめする理由

パソコンがあればどこにいてもお仕事ができるWebライター。スキルを身につけることで、”稼げる”お仕事にすることができます。

Webライターは需要が高くスキルアップするほど稼げるお仕事

Webライターのお仕事の需要は年々高まっています。その理由のひとつが、検索した時に上位に表示するための「SEO対策」。

検索結果の上位に表示していくためには、検索する際の検索エンジンがサイトを評価してもらうことが大事です。

2010年よりYahoo!検索エンジンはGoogleの検索エンジン技術を活用しています。つまりは検索した時に上位に表示されるためには、Googleに評価されやすいサイト作りが大切です。

Googleの検索エンジンは、2011年に「パンダアップデート」を実施しました。「パンダアップデート」とはサイトを評価するためのアルゴリズムのひとつで、『コンテンツの質』を重視します。

そのため、Webサイトの質を高めるコンテンツを作成することのできる”Webライター”の需要も高まっているというわけです。

Webライターのお仕事募集はさまざまなサイトで行われていますが、もちろん大きなサイトや報酬が高いお仕事になるほどスキルや経験が求められます。

ライター初心者や未経験の人がライティングした場合の報酬相場は、1文字0.1円〜0.5円。1000文字ライティングした場合、0.1円なら100円で0.2円なら200円。

以前ライター未経験からはじめた人達に所要時間を聞いたところ、1500文字程度の記事を1本書き上げる時間は3時間前後の人が多いです。1時間で書き上げる人は稀で、尊敬レベル。

ライティングのスキルがアップしていくと1文字単価1円〜のお仕事ができるようになります。最初は”安いなー”と思いつつも、お金をもらって勉強させてもらえてると思って地道にスキルアップに励みましょう。

自分のサイトを使ってお小遣い稼ぎできるスキルが身につく

多くのサイトで募集しているのがSEOを考慮したライティングなので、自然とSEOライティングのスキルが身についてくるはず。

SEOライティングに慣れてきたら、そのスキルを活かし自分のサイトを作って、Google Adsenseでお小遣い稼ぎをするのもおすすめです。私はスキマ時間で1ヶ月1〜3本しか書いていないのですが、約1年半で4万PVに。

自分のサイトで文章を書き分析を行うことで、”読者にとって役に立つ情報ほど集客できる”ということを実感できるでしょう。

また、商品を紹介して販売につなげることで報酬になる「アフィリエイト」で稼ぐという方法もあります。

有名アフィリエイトサービスのひとつが、A8.net。会員数、広告主数ともに最大規模のアフィリエイトサービスなので、紹介したい商品も見つかるかもしれません。


Webライターの仕事を探すにはクラウドソーシングサービス

初心者やスキマ時間でお仕事したい人におすすめなのが、クラウドソーシングサービス。ライターを募集するサービスは主に、「プラットフォーム型」と「受託型」があります。

プラットフォーム型のお仕事の特徴

プラットフォーム型のサービスで有名なのは、「クラウドワークス」や「ランサーズ」。発注企業がサービスに登録して、ライターを探しています。

案件が数多くありますが、さまざまな発注企業の要望の中から、自分の希望に合ったライティングのお仕事内容を探すのに時間がかかります。

”文字数が少ないので、このお仕事ならできそう”と思っても、依頼内容を読んだら”週○本以上、全部で○本”という自分には無理なボリュームだったりすることも。じっくり依頼内容を読んで、吟味しましょう。

レビューやアンケートのお仕事もたくさんあるので、そういったお仕事を選んでサクサクとお小遣い稼ぎするのにもおすすめです。

受託型のお仕事の特徴

受託型のサービスで有名なのは、「Shinobiライティング」や「サグーワークス」。発注企業とライターの間に企業が入ってディレクションしているので、一定のルールの元にライティングをすることができます。

ライティングに特化しているサービスを選べば、案件の種類や文字数のボリュームからお仕事を検索することができます。

ライティングの初心者は、まずは400文字以内の文字数が少ないお仕事がおすすめ。サービスのルールに従って文章を書くことに慣れてから、徐々に文字数を増やしていきましょう。

最初に文字数が多い案件にトライして、非承認になるとそれまでの時間がもったいないので。。。




初心者や副業におすすめの在宅ライター向けサービス

未経験から在宅ライターとしてスキルアップしていきたいなら、ライターに特化してお仕事をすることができるサービスがおすすめです。

ライティングするためのシステムが組んであり、ライターにとってライティングをしやすい仕組みができている上、一定のルールがあるのでコツさえ掴めばライティングのスピードをあげることができます。

自分に合ったお仕事がいつでもあるわけではないので、複数サービスに登録することをおすすめします。

Shinobiライティング

Shinobiライティングでは、SEOを意識した文章のライティングを学ぶことができます。SEOライティングができるようになると、大きな武器にもなるはず。

Shinobiライティングでは短文の案件も豊富なので、決まった文字数内で魅力的な文章を書き上げる練習をしていきましょう。

Shinobiライティングの魅力は、ワードクラウドによって自分の書けそうなテーマを見つけやすいこと。

そして、誰に向けた文章なのかなど指示がわかりやすい点です。”誰に向けた文章か”がわかるだけで、求められる文章を想像しやすくなります。

比較的ライティングの時間制限が短く、制限時間を過ぎると解除されてしまうため、時間が過ぎたらすかさず再エントリーを。

実績を作ってから詳細なプロフィール登録でPRすると、単価の高い特別なお仕事の依頼を受けることもできるかもしれません。



サグーワークス

サグーワークスの特徴は、投稿した記事の判定が「非承認」になった時に改善ポイントが記載されていること。”なぜ非承認になったのか”ということがわかれば、その後の記事作成に活かすことができます。

また、段落ごとなど細かな項目ごとに入力項目が分かれているため、項目ごとに求められるライティングがわかりやすくなっています。

サグーワークスでとても魅力的だなと思うのが、レベルアップ制度。ライターランクが「レギュラー」「ゴールド」「プラチナ」とわかれていて、もちろんランクが上がるほど報酬がアップ。

レベルが上がれば管理画面にレベルアップ!と表示され、達成感が増します。

投稿のポイントによってレベルが上がっていきますが、独自の文章力テストに合格すると「プラチナライター」になることができます。文章力に自信がでてきたら、何度でも挑戦できる「プラチナライター」のテストを受けてみましょう!



さかぽん
独自にライティングしてきたので、スキルをあげたくてさまざまなサービスをお試し中。ライター未経験者や副業によいサービスがあれば、随時更新していきます!

-仕事・副業

Copyright© Miyazaki Life , 2018 All Rights Reserved.