生活・暮らし

入院用パジャマの選び方と「あると便利」な準備物

入院する際には、病院から「入院時の持ち物」が伝えられます。

入院しても快適に過ごしたい、そんな時におすすめのパジャマの選び方と、あると便利な準備物をご紹介します。

一般的には、入院の際に以下のようなものを準備します。

  • 下着類
  • 寝衣
  • タオル
  • 洗面用具(石鹸・シャンプー・洗面器・歯ブラシ・歯磨き粉など)
  • 湯呑み、コップ、箸、スプーン
  • ティッシュペーパー・ウエットティッシュ
  • 髭剃り(男性)
  • 履物
  • テレビイヤホン(2〜3m長さがあると便利)
さかぽん
しっかり準備をしておくと、よりよい入院ライフを過ごせます!




入院時におすすめのパジャマの選び方

パジャマは1週間程度なら2〜3着程度を準備すればOK。

病院で格安でレンタルしている場合もありますが、快適なパジャマを選ぶと気分転換にもなります。

基本的には上下がわかれていて、汗を吸いやすい綿素材のパジャマを。注射のために袖をあげたりもするので、袖口が広いタイプがおすすめです。

前ボタンがあったほうがいいかどうかは、病名や病院にもよるので確認を。

私の入院した病院ではパジャマの指定はなかったのですが、手術後に看護師さんが着せ替えてくれる際「やった!前ボタン♪」と口にしていたので、看護師さんの着せ替えがあるなら前ボタンが喜ばれるはず。
さかぽん

せっかくならオシャレな方がテンションが上がる!ということで探し続けて見つけたのが、「部屋着・パジャマのケーズアイ」。楽天ショップだと「部屋着の時間」という店舗名です。

メンズ・レディースともに部屋着としても使える、オシャレでゆったりタイプのデザイン。

生地もしっかりしていて、家で過ごしているかのようにまったりとした気分になれます。

厚すぎない生地のパジャマを選び、カーディガンなどを用意して温度調整するのがおすすめです。

病室に不在でも安心!コンパクトな貴重品保管庫

入院にあたり心配になったのが、病室での貴重品管理。病室の外にロッカーがあったものの、手術の後にそこまで足を運ぶのも面倒。

鍵付きの金庫はその鍵をどこに保管?となるし、そのまま持ち運ばれる恐れもある。

そこで見つけたのが、旅行、キャンプなどで使うことを想定された「コンパクトな貴重品保管庫」。

旅行、キャンプなのどレジャーでの使用に最適なコンパクトな小型保管庫
  • 暗証番号は自由に設定(4桁)
  • 紛失や盗難防止に役立つワイヤー付

とまさに理想。金庫っぽくないデザインで、わりと頑丈。

ロック部分はゴムカバーで隠されていて、好きな暗証番号4桁で設定できます。

検査など病室を空にする時に、スマホが入る大きさ。長財布は入りません。

名刺入れをお財布がわりにすると、スマホも一緒に収納することができました。

ワイヤーがあるので、病院のベッドにワイヤーをぐるりとつけ、ロック完了!

退院した後も活用できる便利アイテムです。

さかぽん
看護師さんたちにも”それ何ですか?えー便利!”と評判でした

1日単位でレンタルできるWi-Fi

スマホやPCなど、入院中も快適に使いたい場合には、まずは病院へWi-Fiの使用について問い合わせを。

「必要あればポケットWi-Fiお持ちください」ということだったので、1日単位でレンタルできる【Wifiレンタルどっとこむ】でレンタルしました。

どこでWi-Fiをレンタルするか悩んだ末に、決め手になったのが以下の点。

  1. 1日からレンタル可能
  2. コンビニ受取や、ポストでの返却もできる
  3. レンタル延長も面倒な手続きなし

私は通信系には詳しくないため、「入院や引っ越しの際にご利用ください。」と説明が記載されていた、1日400円のSoftBank 501HWをレンタル。無制限で1日10GBまで快適に使えます。

6泊7日で2,800円+保証サービス280円+発送手数料500円、計3,580円(税抜)になりました。

自宅不在のことが多いため、お届けはコンビニへ。コンパクトな状態で届きました。

中にはWi-Fi端末と電源コード、そして返送用の袋と伝票が入っています。(注:私は宅配返却にしたのですが、ポスト返却にした方が安くなりました。)

電源を入れ、スマホやPCのWi-Fi設定でパスワードを入力すればOK!

私は宮崎住まいですが、宮崎の病院で十分快適にネット回線を使用することができました。

さかぽん
実際にいま病院でレンタルしたWi-Fiを利用して、この記事を書いています。

スマホゲーム&PC作業で1日使い3GB程度だったので、動画を見る人もこのプランで十分かと思います。



【Wifiレンタルどっとこむ】

ポケットWi-Fiのレンタルについて、より詳細な情報はこちらにまとめました。

短期入院で1日単位の「ポケットWi-Fi」をレンタルしてみた。注意点は?

1週間ほど入院することになり、必要になったのがポケットWi-Fi。PCで仕事をする際スマホのテザリングだとすぐに通信容量をオーバーしてしまうし、動画も見たい。 Web系だけど通信系が苦手な私。「地方で ...

充電に不可欠!電源タップ

スマホにPCにWi-Fiに・・・とコンセントを使うと足りなくなります。

医療器具のコンセントも必要となるし、使う場所からコンセントが遠かったりもする。そこで電源タップを用意しておくと大活躍します。

身だしなみに気を使えない時に役立つ「ケア帽子」

手術後、数日はお風呂に入れず、髪がベタベタに。寝癖がついたとしても、痛みで身だしなみに気を使う余裕はありません。

そんな時にサポートしてくれるのが「ケア帽子」。寝ているときにベタベタ髪が肌につく不快感も防止してくれます。

女性は「カップ付きタンクトップ」があると便利

入院生活では検査もあり、ブラを外す機会も多くなります。そして、手術をするとブラのつけ外しにも痛みを伴います。

そこでおすすめなのが、カップ付きタンクトップ。速乾性と伸縮性があるものがおすすめ。

私は2枚セット、3枚セットとまとめ買いができる楽天で購入しました。

ヨガウェアとして使う人が多いタイプのものなので、動きを邪魔せず、肌心地も快適です。

関連コンテンツ(広告含む)

  • この記事を書いた人
アバター

さかぽん

いろいろ聞かれることが多いので、「参考にどうぞ」と知人に情報を送る目的で書いていることが多いブログを運営。Web系なので(?)Webの情報に疑い深く、知識や検証を記録に残してたら10万PV突破。ひっそりしていたいタイプなので、”ナニコレコワイ”とビビっている日々。

-生活・暮らし

Copyright© まちのWeb屋さかぽんの雑記ブログ-MIYAZAKI LIFE , 2019 All Rights Reserved.