宮崎暮らしの視点から、徒然なるままに。

Miyazaki Life

おすすめの本 猫・ペット

ストーリーが猫好きの心に残るおすすめ本まとめ

更新日:

ストーリーが猫好きの心に残る、何度でも読みたくなる本をまとめました。



旅猫リポート(小説)/有川浩

事情によりナナを飼えなくなった悟が、昔の友人たちを訪ねながら、もらい手を探してまわる旅。

「吾輩は猫である」からはじまる、猫のナナ(♂)視点で進む話が面白くて夢中になり、悟が友人と再会するたびに過去の話にじんわりと心があたたかくなり、そしてナナと悟との愛情の深さをまたひとつ感じます。

ナナと悟の旅が終わりに近づいてくるのを感じて、自宅でじっくりと読んで大正解。もう涙腺、大崩壊。切なくて、でも暖かくて、読み終わった後にうちの子をぎゅっと抱きしめたくなりました。猫好きの方にはぜひオススメしたい一冊。

WILD CATS/清水玲子

清水玲子さんの作品は、美麗な絵柄が素敵で好きなのですが、このWILD CATSは動物好きにはたまらない内容です。

自分がネコだと信じるライオン「シーザー」が主人公。強くてかっこいいネコを目指したり、忠犬イチローに憧れたり、ライオンなのに弱かったりと笑えます。

けれど、子犬のトングが主人公の話や、飼い主の龍一ぼっちゃんに憧れを抱くシーザーの話にはホロリとさせられます。笑って、泣けて、感動する一冊です。




猫mix幻奇譚とらじ(漫画)/田村由美

ねずみと人々が戦い続けているファンタジー世界。ねずみの中の「魔法のねずみ」は動物を半人型に変え、mix(ミックス)と呼ばれます。

主人公は、魔法のねずみに息子リオを連れ去られた、勇者パイ・ヤン。猫Mixである”とらじ”といっしょに捜索のたびにでます。

勇者パイ・ヤンは真面目で頑固で融通がきかない性格ですが、猫Mixとらじの行動のひとつひとつに衝撃を受けます。たとえば「なぜ舌がでてることに気づかない!」とか(笑)

猫を飼っている人には「あるある」な行動がたまらなく可愛すぎです。

チーズスイートホーム/こなみかなた

萌え萌えの猫マンガ。子猫のチーが、親からはぐれるところからはじまるのだけど、舌たらずなチーがすごくかわいい。「おうちかえうー!」と泣くチーに胸キュン。間のとり方も絶妙で、思わず笑ってしまいます。

表情も豊かで、喜ぶ顔・いやらしい顔・怒った顔・落ち込んだ顔。こういう顔する~!と思わずニッコリ。

小さいネコちゃんから飼いはじめたことのある人には、デジャヴがいっぱいの1冊です。

よんむー(漫画)/伊藤潤二

ホラー漫画家×よん・むー2匹のネコ。 序盤、犬好きな作者は”呪い顔のネコ”と呼び、猫の描写もホラーのように禍々しい。

けれど徐々にネコ好きになっていき、後半になるほどネコ好きならではの視点からのエピソードも濃くなり、面白さが加速していきます。

伊藤潤二のホラーな絵柄とのギャップが面白すぎです。おっさんのように見える猫の姿とか、ツボに入ってしまい、何度も読み返してしまう1冊。

可愛い猫好きの方にはおすすめできません(笑)

さかぽん
ネコ好きさんにおすすめの本があれば、随時追加していきます。

-おすすめの本, 猫・ペット

Copyright© Miyazaki Life , 2018 All Rights Reserved.