宮崎暮らしの視点から、徒然なるままに。

Miyazaki Life

Web関連知識

初期投資を抑えたい初心者向け!ネットショップカートの選び方

更新日:

通販をはじめるにあたって、多数あるネットショップの中からどれを選べばよいかわからないという人も多いのではないでしょうか?初期投資を抑えてネットショップをはじめたい方向けの選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

無料のネットショップカートを選ぶなら?

無料のネットショップカートのよさは、売上が発生しなければ費用も発生しないことです。そのため、まずは売れるかどうか試したいという場合に最適でしょう。無料のネットショップカートでどれがよいか相談されることが多いのは、以下の3つです。

どれを選ぶかで悩んだ場合、ASP型とモール型、どちらが向いているかを考えるとよいでしょう。

モール型Yahoo!ショッピングの特徴

Yahoo!ショッピングはモール型で、例えるならイオンなどのショッピングモールにお店をだすようなものです。

名前の知名度が高いため、集客力に自信がない方におすすめです。反面、Tポイントやアフィリエイトなど、購入者の購入方法によって販売手数料がプラスされることも。

また、集客力が高いということは、比較対象とされる競合も多くなります。独自の良さを打ち出せる商品がないと、価格競争になるでしょう。

プランは、ライトとプロフェッショナルの2種類。どちらも無料ですが、ライトとプロフェッショナルは別物なので、プランアップで商品をそのまま移行といったことはできません。

ライトプランは作成が簡単な分、使用できる機能も最小限となっているため、ある程度の知識があるなら分析も可能なプロ版を選んだほうがよいでしょう。

Pro版は機能が多い分、最初は管理画面の使い方がよくわからないので、動画のほうがわかりやすいはず。

YOUTUBE動画Yahoo!ショッピング ストアクリエイターPro

ASP型BASE・STORES.JPの特徴

BASEやSTORES.JPはASP型で、例えるなら路面店。集客の努力が必要となるので、SNSやブログ、広告など自分で集客ができる方向け。自分で集客をする必要がある分、Yahoo!ショッピングよりも販売手数料は少なくなります。

ASP型を選ぶ際に注目したい点は、独自ドメインが設定できるかどうか。独自ドメインとは、インターネット上の住所で、サイトのアドレスやメールアドレスなどに使用できます。

たとえばYahoo!ショッピングでサイトを構築するとURLにも"yahoo"がつくため、購入した人は「Yahoo!ショッピングで購入した商品」という意識になります。その点、独自ドメインならブランド価値を高めることができます。

この点、BASE・STORES.JPどちらも独自ドメインの設定が可能ですが、STORES.JPは有料プランでないと設定ができません。また、2016年11月現在、STORES.JP内での新規取得に限った独自ドメインの設定となります。つまりはSTORES.JPを辞めたら、そのドメインは手放さなくてはなりません。

ドメインは資産です。ブランド価値を高めたいのであれば、独自で取得したドメインでネットショップ運営ができるBASEのほうがよいでしょう。BASEはドメイン設定だけでなく、無料でもサイト運営に必要な機能が豊富です。


初心者がドメインを取得するのであれば、ムームードメインがおすすめです。サイトを見てもらえればわかりますが、初心者でも簡単にドメインを取得し、設定することができます。


Yahoo!ショッピング、BASE、STORES.jpの主要な機能比較

hikaku

SNSを活用するなどの集客力に自信がないのであればYahoo!ショッピング、集客力に自信があるのであれば無料でも機能が豊富なBASEがおすすめ。

ですが、集客の方法が異なるということは、客層が異なるということ。登録しても費用は発生しないため、BASE +Yahoo!ショッピングで、どちらで出店するのが自分の商品に向いているのかを試すのもよいでしょう。

初期投資を抑えたネットショップカートを選ぶなら?

無料のカートにはさまざまな制限があります。お試しではなく、100万円以上の売上を目標にしたショップを開くのであれば、有料のショッピングカートがよいでしょう。初期費用を抑えたカートの中から、私が導入を検討したのは以下の3つです。

ASP型で「カラーミーショップ」か「MakeShop」の導入を検討した理由としては、以下の4つになります。

  1. 自分で用意した独自ドメインが設定できる
  2. Googleショッピングへの掲載が容易
  3. IT大手GMOの安心感
  4. 外部サイトやLPにカートボタンを設置できる

Googleショッピングとは?

Googleショッピングとは、Googleで検索したときに画像・商品金額・shop名等が表示される広告です。広告費が必要にはなりますが、あまり知識がない人でも簡単に掲載できるというのは魅力的です。

googleshop

大手だと何がよい?

カラーミーショップとMakeShop、どちらもIT大手のGMO。大手ということもあり各社との連携機能が増えていくので、将来的にさらにサイト運営に役立つ機能が増えていくことが予想されます。

カートボタンってどんなときに使う?

外部へのカートボタンについては、ブログやLP(1枚の商品をアピールするページ)などにもカートボタンを設置でき、より購入を促す施策をとることが可能です。使用方法については、公式サイトの説明がわかりやすいかと思うので、リンクを貼っておきます。

カラーミーショップとMakeshopで悩んだら?

カラーミーショップは月額900円からで、HTML・CSS(デザイン)の修正が可能なうえ、フリーページも作成できるのは魅力。


MakeShopは月額3000円からで、3000円のプランではフリーページを作成したり、デザインの修正はできません。


ネットショップの売上をあげる際に必要なのは、集客に加えて、購入率を高めることも大事です。購入率を高めるためには、多彩な決済方法が欠かせません。そのため、決済方法によって、数千円〜の月額の固定費用がかかることも頭に入れておかねばなりません。

カラーミーショップとMakeShopで悩んだら、自分のスキルや考え方、予算で選ぶとよいでしょう。それなりに本格的に運用しようとしたら、カラーミーだと3,240円/月額、MakeShopだと10,000円/月額の真ん中プランです。プラス、決済費用5000円は見ておいたほうがいいかもしれません。

機能の豊富さでいったら、MakeShopの方が豊富です。それだけに、スキルがなければ使わない機能もたくさんあります。カラーミーショップの管理画面はシンプルで初心者にもわかりやすい作りです。まずは気軽にはじめたい、予算をかけずに少しずつお店を大きくしていきたい場合にはカラーミーショップがおすすめです。

予算に余裕があり、本業として最初から本格的に運営したいのであれば、MakeShopがよいでしょう。開店講座や運営講座のテキストがもらえるうえ、相談もできます。

運営が軌道に乗ってからの、カートの乗り換えはそれなりに費用も手間もかかります。月額どれぐらいまで投資が可能なのか、将来どこを目指すのかをしっかり考えたうえでカートを選んでいきましょう。

-Web関連知識

Copyright© Miyazaki Life , 2018 All Rights Reserved.