宮崎暮らしの視点から、徒然なるままに。

Miyazaki Life

Web制作・サーバー

エックスサーバーへSSL(https)サイトを移転する際の注意点

更新日:

期間限定キャンペーンで「移管したドメイン更新料もずっと無料!」というサービスもあるエックスサーバー。サーバー移転をこの機会にしようと思ったら、知識がないままのSSL(https)サイト移転では、さまざまな”つまづき”がありました。私の行った移転の手順を備忘録として。



無料SSLサーバー移転でのつまづき

私の場合は、WordPressサイトをロリポップからエックスサーバーに移転しました。(移転方法の参考サイト:ロリポップからXサーバーへ移転。初心者でも1日で完了した手順まとめ!/これしり

エックスサーバーにデータを移行して、最初につまづいたのが「無効なURL」表示問題。エックスサーバーへWordPressインストール後「無効なURL」表示に困った話

DNS切り替え前にサイトが正常に機能することが確認できないと、まずいわけで。

結論としてhttpsにリダイレクトする設定をしていたために、移行したサイトの確認ができなかったのですが、httpsなしのURLでサイトを確認したところ・・・


※スライダー部分の表示

画像がいっさい表示されてない!新サーバーでは、まだSSL対応していないから?いや、でもDNS切り替えしてからでないとSSL対応できないし。困って、検索して見つけた情報。

SSLサイトを非表示期間なく移転する為に必ず必要なのは、そのサーバー会社が「SSLの持ち込みに対応しているか?」という部分です。(中略)移行期間中にhttpsへのアクセスにエラーが出る期間は、運が悪いと最大5日なんていうケースも考えられます。稼働中の無料SSLサイトの移転!httpsのままでサーバー移転する方法!

httpsへのアクセスエラーにより、画像が最大5日間表示されない可能性があるというのは、とても困る状況。

上記サイトでは、SSLの持ち込みが可能な場合の、無料SSLのままサーバー移転する手順を紹介してくれています。ですが、エックスサーバーへのSSLへの持ち込みは対応していません。

Q:他社で購入したSSLサーバー証明書の持ち込みには対応していますか?

A:いいえ。SSL証明書の持ち込みには対応しておりません。
当サービスでご契約のSSL証明書のみご利用が可能です。
SSL仕様 - よくある質問 | レンタルサーバー【エックスサーバー】

スムーズにhttps状態で移転するなら有料SSL契約がおすすめ

「画像の非表示なく、スムーズにhttps化するにはどうしたらよいのだろう」ともんもんと悩んでいても仕方がないということで、エックスサーバーのサポートに問い合わせをしてみました。

さまざまな質問に対し、1日以内にわかりやすい回答をくれるのが、エックスサーバーを選んでいる理由の1つです。

SSLサイトを「非表示期間なく」移転するために、教えてくれた方法は、2つ。

  1. 有料のオプション独自SSLであらかじめSSLの設定
  2. 移転元のサイトを「http」のサイトにし、移転後にSSL設定

無料SSLは所有者の確認方法が「自動認証(DNS認証、Web認証)」に対し、有料SSLは「メール認証、DNS認証」。

無料SSLと違い、メール認証も選べるため、DNS切り替え前にあらかじめSSL設定が可能になるのです。

”移転元のサイトを「http」のサイトにし、移転後にSSL設定”は、一時的にhttpになることでSEOにも影響しそうなので、安全な『オプション独自SSL』の方法をとることにしました。

無料にこだわらなくても、いちばん安い独自SSLは、年1,080円と安価です。




エックスサーバーでの独自SSL契約・設定手順

サーバー移転前(DNS切り替え前)のドメインで、SSL化したまま移転するためには、オプション独自SSLを契約して設定します。

1.移転前のサーバーでメールの設定をする

SSLの承認メールアドレスは、ドメイン名のものになります。サーバー移転前でDNSの切り替えを行っていない場合は、現在運用中のサーバーにて承認用のメールアドレスを作成し、承認メールを受信できるようにしておきます。

独自SSL設定時に選択できるアドレス形式は、以下のいづれかになります。

  • admin@ドメイン名
  • adminisrator@ドメイン名
  • hostmaster@ドメイン名
  • postmaster@ドメイン名
  • webmaster@ドメイン名

2.独自SSLを申し込む

独自SSLの申し込みは、インフォパネルの「追加の申し込み」から行います。

規約を読んでチェックを入れ、次の画面に進むと、オプション独自SSLの「新規申し込み」が表示されます。

プランを選び・・・

対象となるサーバーを選択します。

申し込みが完了したら、支払いをするとSSL設定ができるようになります。

3.独自SSLを設定する

支払い後、エックスサーバーのインフォパネルのトップページに表示される「ご契約一覧」の中に、「SSL証明書」が表示されるので、「取得申請」から手続きをします。

手続きの際の「コモンネーム」とは、SSL暗号化通信を行うサイトのURLです。エックスサーバーでは、ひとつひとつの項目に記載例が書かれているので、難しくないはず。

認証方法「承認用メールアドレス」で、1.で設定したメールアドレスを選択し、「SSL新規取得申請を行う」をクリックすると、承認メールが送付されます。

4.メール認証を行う

「sslorders@securecore.co.jp」より、設定したメールアドレスに「 【重要】(コモンネーム名) SSL証明書承認手続きのご案内(ORDER #********)」といったメールが届くので、メール内のURLにアクセスし、"validation code"を入力します。

5.心配な場合はインフォパネルより状況を確認

メール認証後、私の場合は40分ほどでエックスサーバーより「【Xserver】SSL証明書設定完了のお知らせ」というメールが届きました。メールが届いた後、最大30分ほどでSSL証明書が利用可能となります。

進捗の状況に不安を感じた場合は、エックスサーバーのインフォパネル「ご契約一覧」の「SSL証明書」の項目にて、進捗状況を確認できます。

さかぽん
知識が乏しく不安な中でも、エックスサーバーのサポートのおかげで無事、SSL化のままサイトを移転することができました。エックスサーバーを選んでよかったと実感中。

-Web制作・サーバー

Copyright© Miyazaki Life , 2018 All Rights Reserved.