宮崎暮らしの視点から、徒然なるままに。

Miyazaki Life

ゲーム

元気がでるゲームアプリ「うまのプリンスさま」※ネタバレあり

更新日:

話題になっていた「うまのプリンスさま」をプレイしてみました。ネタバレしても面白くて、元気になれるゲームアプリだと思うので、詳しく紹介します。※2017年1月にアップデートがあり全13話になっています。



『うまのプリンスさま』とは

『うまのプリンスさま』は略して『うまプリ』。いわゆる、恋愛シュミレーションアプリです。たぶん。

というのも、主人公が仕事に疲れ長期休暇をとり、”馬にのった王子様を求めて”行った牧場で出逢ったのは、イケメン「人面馬」のユウマ。

"俺の馬主にならないか”

「壁ドン」ならぬ「馬ドン」で迫られ、奇妙なトレーニングがはじまります。

ゲームの流れ

ストーリーを読み終えた後、トレーニングゲームの流れで、全13話。その後『第X話 悠久のサークリング』がはじまり、無限ループとなります。

トレーニングゲームでは、トレーニングをするほど「やる気」が減っていき、一度に獲得できるポイントも少なくなっていきます。カメラマークをクリックして、うまのプリンスさまのゲームキャプチャ画像を「Twitter」もしくは「Facebook」でシェアすると、1日1回限定で”フィーバー”が発動。

「やる気」を回復するためには、ユウマとトークをします。選択肢による”やる気”ポイントは、「+30%」「+15%」「-15%」の3種類。マイナスの選択肢を選んだ場合は、宣伝動画を見ることによって時間を巻き戻せます。

ユウマとのトーク数は最大3回で、時間とともにトーク数が回復。トーク数を使いきった場合にも、宣伝動画を見ることによってトーク数を回復できます。

トレーニングのゲージが満タンになったら、馬との絆が深まり、素敵な(?)スチルがもらえてクリアーです。

『うまのプリンスさま』笑えて元気になれるゲームの種類

『うまのプリンスさま』全13話のゲームキャプチャを紹介しますが、キャプチャでは伝えられないぐらい動きがヤバいです。

ネタバレしても、実際にプレイしたら笑えて元気になること間違いなし。キャプチャを撮って、誰かに共有したくなるはず。

第1話 出会いのギャロップ

馬といえば、やっぱり「にんじん」。

第2話 特訓のトレッドミル

トレーニングマシーンを使って、軽快にトレーニングする馬。

第3話 寝起きのモーニングフィード

イケメン馬の手料理。

第4話 街角のパッサージュ

ガテン系イケメン馬。

第5話 浜辺のウォータージャンプ

イケメンといえば、サーフィン。

第6話 試練のファンファーレ

そろそろ忘れかけていましたが、ユウマは競走馬です。

第7話 歓喜のウィニー

華麗な演奏テクニックにしびれます。

第8話 暗闇のキャバレッティ

イケメン(馬)が悪者を倒す。憧れのシチュエーションですね。ひでぶっ!

第9話 宿命のライバル

ワイルドなイケメン馬。おや?後ろにも?

第10話 栄光のステータス

そうだそうだ。競走馬だった。

第11話 休息のアンブル

メェエエー。

第12話 雪城のホワイターフ

イケメン(馬)にできないスポーツはない!

第13話 孤高のスプリンター

障害物もなんのその。そしてフィナーレへ。

さかぽん
うまのプリンスさま、意外としっかり作りこまれていて、奇妙な動きを楽しませてもらいました。ハマれば、笑えて元気になれます。

-ゲーム

Copyright© Miyazaki Life , 2018 All Rights Reserved.