宮崎暮らしの視点から、徒然なるままに。

Miyazaki Life

WordPress

英語が苦手でも大丈夫!海外のWordPressテーマ攻略情報まとめ

更新日:

英語が苦手な人のための、海外のWordPressテーマ選びに役立つ情報をまとめています。



WordPressの海外製テーマ最初の難関『テーマ選び』

「WordPress テンプレート」で検索すると、数多くのテンプレートが紹介されています。テーマを設定してみると、バグがあったり、細かなカスタマイズができなかったり・・・。

海外製のテンプレートは素敵なデザインのものが多いのですが、日本製でもある状況が英語のテンプレートで起きると考えたら、なかなか手がでない状況がありました。そこで、今後のチャレンジのために役立ちそうな記事・サイト情報をまとめました。

いくつか実際に海外のWordPressテーマを使用してみましたが、最初は「無料」版があって、必要であれば「有料」にアップグレードできるテンプレートがよいかもしれません。サポートサービスがついていたとしても英語スキルが必要なので(汗)

海外WordPressテーマ選びに役立つ情報・記事まとめ

海外WordPressテーマの選び方のポイント

思い通りカスタマイズできる?WordPressの有料テーマを買う前の注意点10個/株式会社LIG

失敗から学んだ「失敗しないための海外WordPressテーマ(テンプレート)の選び方5つのポイント」これだけは確認します!/TokoAruga.com

海外WordPressテーマを実際に使ってみた感想

WordPress 無料テーマ&テンプレート紹介サイト「テーマタンク」

WordPressテーマを調べるサイト

気になるサイトがWordPressテーマで作成されていれば、使用している親テーマ・子テーマ・プラグインを知ることができます。
WHAT WORDPRESS THEME IS THAT?




英語に強くなくても翻訳すれば大丈夫

英語サイトであっても、翻訳すればだいたい何を言っているのかわかります。英語のWordPressテーマを選ぶ際には、サポート情報が充実しているテンプレートを選ぶのがおすすめです。

YouTubeの説明動画を翻訳

海外のWordPressテーマの中には、YouTubeの説明動画があるものも多く見かけます。YouTubeの右下にある設定箇所で、英語を日本語に翻訳できます。

動画説明があるテンプレートだと、具体的なイメージがつきやすく、設定もしやすくなります。

WordPressテンプレートを翻訳

英語が苦手な人におすすめしたいプラグインが「My WP Translate」。

たとえばこのプラグインを使って、『Google翻訳』で翻訳した日本語を入力すると・・・

WordPressテーマの設定箇所も日本語になります。

日本語化しすぎると逆にわかりづらくなったりもしますがw、かなり便利です。

My WP Translateの詳細の使い方は『ウェブさえ』さんの記事「WordPressの海外テーマを日本語化したいときに嬉しい翻訳用プラグイン「My WP Translate」が参考になります。

さかぽん
実際に海外のWordPressテーマにチャレンジしながら、役立つ情報を追加していきます。

-WordPress

Copyright© Miyazaki Life , 2018 All Rights Reserved.