生活・暮らし

「こどり」とは

会話の中で「こどり」という単語がでてきて、??となったので調べてみました。一部地域の方言かと思いましたが、どうやら広い範囲で使われている言葉のようです(主に九州?)。

意味を聞いても「ググって」と言われ、「こどり」でググっても情報がない・・・。

方言をよく使うような人に聞いてみると”普通に使う。大工の人もよく使う。”という情報が。

そこで「大工 こどり」で検索すると、物事がスムーズにいくように、様々なお手伝いをしてサポートする『助手・アシスタント』みたいな役割で使われていることが判明。

天草地方の方言集では「こどり(小取り)」。

こどり【小取り】 小使い 小間使い 助手 assistant
-天草方言集

この情報を元に漢字の「小取り」で検索すると、辞書に登録されている「小取り回し」という単語が見つかりました。

こ‐とりまわし〔‐とりまはし〕【小取り回し】の意味
[名・形動ナリ]《「こどりまわし」とも》動作がてきぱきしていること。機転のきくこと。また、そのさま。
「下女―にはたらきければ」〈浮・織留・六〉
-小取り回し(ことりまわし)の意味 - goo国語辞書

この言葉が語源なのかもしれませんね。

宮崎の小林地域や、鹿児島地域などでは「こどい」とも言うようです。

こどい 仕事の手伝いをする人
-西諸弁辞典 | てなんど小林

地域でよく使われる言葉のようなので「こどり」「こどい」覚えておくと便利かも??

はじめて知った言葉だったので、備忘録として 

関連コンテンツ(広告含む)

  • この記事を書いた人
アバター

さかぽん

いろいろ聞かれることが多いので、「参考にどうぞ」と知人に情報を送る目的で書いていることが多いブログを運営。Web系なので(?)Webの情報に疑い深く、知識や検証を記録に残してたら10万PV突破。ひっそりしていたいタイプなので、”ナニコレコワイ”とビビっている日々。

-生活・暮らし

Copyright© まちのWeb屋さかぽんの雑記ブログ-MIYAZAKI LIFE , 2019 All Rights Reserved.