宮崎暮らしの視点から、徒然なるままに。

Miyazaki Life

生活・暮らし

「業者」という呼び方は失礼にあたる?

投稿日:

「業者」という言葉を”使ってはいけない”と注意されたことがあります。逆の立場になった時「業者」という呼称を”失礼”だと感じました。なぜ「業者」という言葉は失礼にあたるのでしょうか?




「業者」という言葉は見下した表現?

「業者」という言葉について、Wikipediaでは以下のように紹介されています。

事業者(じぎょうしゃ)とは、事業をおこなうもの。日本の国税法令等での「事業者」とは、個人事業者(個人事業主, 事業を行う個人)と法人や団体を指し、事業とは、同種の行為を反復、継続、独立して行うこと、としている。単に業者(ぎょうしゃ)ともいう。
-事業者 - Wikipedia

「業者」は”事業を営んでいる事業者や人”のことを指す言葉。

私のように、他人に指摘されたことをきっかけに疑問に思う人も多くいます。

本当に業者という言い方は見下した表現なのでしょうか?- Yahoo!知恵袋

業者?取引先? : キャリア・職場 : 発言小町 : 読売新聞

佐藤日出海氏の『産業振興を志す自治体職員のための工場訪問マニュアル』でも言及されているようです。

民間企業のことを、一般的に「業者」と呼ぶのだと勘違いしている公務員は、とても多いようです。私もそうでした。しかし、民間企業間で「業者」と呼ぶのは、「自社が納入について、選定の権限をもっている物品やサービスなどの事業者」のことで、自社と対等の関係ではないことが通例です。したがって、製造業では、下請の企業を「業者」と呼ぶことはありません。「取引先」とか「協力会社」とか言います。
-事業者と業者の違い天と地と-『ブログ~鵜の目鷹の目,旅の目で』より

”業者呼ばわり”という使い方もあるぐらい、”業者”という言葉は見下された表現に感じます。なぜ、そのような印象を受けるのでしょうか?

なぜ「業者」という呼び方は失礼になるのか

検索して調べた情報をまとめると、「業者という呼び方は対等の関係ではない場合に使うので失礼(自分の方が立場が上という意識)」ということになります。

ではなぜ、呼ばれた側は”見下された”という印象をもつのでしょうか?

私が感じたのは「業者」という呼び方は、”存在が感じられない冷たい言葉”だということ。

”事業を営んでいる事業者や人”のことを指す言葉が「業者」なので、そこには会社や人がいて名称があります

対等の立場と考えるのであるのならば、「○○さん」と会社名や、担当者の名前で呼ぶはずです。

名前を使わず「業者」という言葉を使う意識に対して、名前を覚えなくてもよい存在=尊重していないと、見下された印象を受けるのかもしれません。

とはいえ、まだ会社や担当者が決まっていない場合もあります。

そういう場合には

  • 「業者」という呼び捨てではなく、「業者さん」「業者様」など敬称をつける
  • 「取引先」「協力会社」「○○会社(建築会社、制作会社など)」と表現を変える

という風に、”相手を尊重する表現”を意識してみるとよいと思います。

敬称をつけたとしても、事業者がいる前や文書等で「業者」という言葉は使わない方がよさそうです。

さかぽん
「外注」というワードも同様。自分ではそういうつもりはなくても、相手を不快にさせてしまう言葉があります。あらためて「無知は罪」だなと感じました。

-生活・暮らし

Copyright© Miyazaki Life , 2019 All Rights Reserved.