生活・暮らし

正しい箸の持ち方に矯正!大人におすすめサポートアイテム3選

箸の持ち方を矯正しようとしても、大人になってからだと染み付いた持ち方がなかなか抜けません。

動画やマナーサイトを見てもまだ矯正できない、そんなガンコな間違った箸の持ち方をしている大人に、おすすめのサポートアイテムをご紹介します。

「箸はこうやって持つ!」と言われても、簡単には矯正できない不器用な私です。
さかぽん




正しい箸の持ち方をサポートする「三点箸」

さかぽん
美味しそう!いただきま〜す♪

ししょー
なんだその持ち方は!お箸の持ち方はこう!

上の箸を親指・中指・人差し指の3点で支えるのが、正しい箸の持ち方。

見よう見まねで真似しても感覚が掴めず、長いあいだ独特な箸の持ち方をしてきた分、手がつりそうに・・・。

そんな不器用な箸の持ち方を、正しい形へとサポートしてくれるのが「三点支持箸」。

右利き用と左利き用の箸があり、女性なら20.5cm・男性なら23cmのサイズがおすすめ。

指のかたちに沿ったくぼみがあり、無理なく箸の持ち方が身に付く矯正箸

木の感じがしっくり手に馴染む箸で、くぼみに指を添える形で使うので、自然と正しい箸の持ち方が身につきます。

落ち着いたデザインなので、そこまで周りの目が気になりません。”なるほど、ここを支点にすればいいのか!”という感覚をサポートしてくれるアイテムです。

箸を正しく持てない人は鉛筆の持ち方も間違っている?

ししょー
上の箸は鉛筆を持つように持て!

鉛筆、こうやって持ってる〜
さかぽん

ししょー
!!!!!グワォおおおおお!こうじゃああ!

親指・人差し指・中指で鉛筆を持つのが、正しい鉛筆の持ち方。

箸の持ち方が間違っている人は、鉛筆の持ち方から間違っている人が多いようです。

「正しい持ち方をしないと」と思いつつも、慣れないと字が余計に下手になってしまうので、ついつい元の間違った持ち方になってしまいます。

正しい鉛筆の持ち方をサポートするアイテムとしておすすめなのが、「大人のもちかた先生」の鉛筆。

鉛筆の正しい持ち方を覚えたい方におすすめ

ひらがなで「おやゆび・ひとさしゆび・なかゆび」と書かれ、適切な位置が窪んでいる鉛筆なので、自然と正しい持ち方を身につけることができます。

美文字も、正しい鉛筆の持ち方から。鉛筆の持ち方を矯正しながら、大人らしい美文字を目指しましょう。

さかぽん
正しい鉛筆の持ち方をすると手が楽に!営業マンが気に入っていたので1本あげたのだけど、お客様の前で使うのはやめてくれ〜(恥)

箸の持ち方を矯正するには日頃の意識と訓練

さかぽん
だいぶ箸の持ち方うまくなったよね!えっへん。

できるか、できないかのどちらかじゃ!過程は関係ない!0点!
ししょー

さかぽん
小指が、小指がピーンとなって伸びてしまう〜〜。小指が曲がらないよう(涙)

ご飯を食べる時、文字を書く時に矯正アイテムを使用しても、いまだ正しい箸の持ち方ができない。そんな私をサポートしてくれるのが、マナー豆シリーズ。

「まる形・おにぎり形・くびれ形・まめ形」といった形があり、難易度が異なります。

毎日1回、すべての豆を箸でつまんで練習。継続することで、自然な力で豆を掴むことができるようになります。

写真は「対戦型」のマナー豆ですが、同じ形の穴に入れる「かたち仕分けゲーム」のあるタイプもあります。

遊びながら楽しくお箸のマナーを身に着けられる

さかぽん
まだ100点がもらえてません〜

関連コンテンツ(広告含む)

  • この記事を書いた人
アバター

さかぽん

いろいろ聞かれることが多いので、「参考にどうぞ」と知人に情報を送る目的で書いていることが多いブログを運営。Web系なので(?)Webの情報に疑い深く、知識や検証を記録に残してたら10万PV突破。ひっそりしていたいタイプなので、”ナニコレコワイ”とビビっている日々。

-生活・暮らし

Copyright© まちのWeb屋さかぽんの雑記ブログ-MIYAZAKI LIFE , 2019 All Rights Reserved.