猫・ペット

猫がドアノブや引き戸を開けて困る!防止するための対策グッズまとめ

かしこい猫ちゃん達はドアノブや引き戸をいともたやすく開けてしまい、対策に困る人も多いはず。自作の対策グッズも破壊されたため、お手軽でリーズナブルな対策グッズを探してまとめました。



猫のドア開け対策グッズは購入前にレビューもチェック

レビューには商品の強度や、使い勝手など、参考になる情報がたくさんあります。特に注目したいのが粘着力。

スライドロックなどを貼り付ける場所や素材によっては、全く役に立たないこともあるようです。購入前にしっかりチェックして、ムダになってしまわないようにしたいもの。

とはいえ猫ちゃんとの相性もあり、あっという間に破壊されてしまうこともありますが、お猫様なので仕方ないですw

口コミから厳選!扉を開ける猫対策アイテム

同じようにドアノブや引き戸を開ける猫ちゃんに困っている人のレビューを参考に、なるべくコスパのよい対策アイテムをまとめました。

猫があらゆる場所を開けるのを防ぐ多目的ストッパー

”ここに餌があるぞ”と認識されてしまうと、あらゆるドアを猫ちゃんは必死で開けようとします。そういうときには、人間のベビー用安全グッズが猫ちゃん対策にも活躍!

リッチェルのベビーガードシリーズ「はがせる多目的ストッパー」は、引き出し、開き戸、引き戸、冷蔵庫のドアなどをロックすることができます。片手でつまむだけでロックを解除できるので、ストレスなく使えそう。

ただ”はがせる”と銘うってあるものの、剥がす際にうまく剥がれなかったというレビューも見かけました。いつか剥がしたいと思っている人は、貼る場所の材質が大丈夫かどうかをチェックしておいたほうがよさそうです。

猫がキャビネットを開けるのを防ぐ

うちではキャビネットに猫の餌を置いているのですが、紐でしばっていたところ、なんどもアタックされ開けられてしまう日々。そこで、キャビネット専用のストッパーが大活躍。

フックだけだと振動をあたえれば外れてしまうのですが、二段階のロックならば簡単には外せません。色はブラックとホワイトがあります。

猫が引き戸を開けるのを防ぐ

押入れや戸棚などの引き戸は猫ちゃんにとって力もいると思うのだけれど、意外と”するり”と開けてしまうんですよね。なぜか天井に近いところの押入れを開けて猫ちゃんが登場したときは、「お前は引田天功か!」とツッコミを入れてしまいました。

そんな引き戸を開けてしまう猫ちゃん対策におすすめなのが、OPPOのスライドロック。扉の隙間に差し込むだけで、扉をロックできます。シリコン素材なので柔らかく、引き戸を傷めることもありません。色はピンク、オレンジ、アクアの3色です。

猫がドアノブを開けるのを防ぐ

うちの自宅警備員である白猫ユキちゃんは、部屋のドアノブに飛びついてガチャリと扉を開けては、部屋を一回りして「ニャー(異常なーし)」と鳴いて次の部屋へ。他の猫達は、洗濯物やベッドですやすやと寝たり、粗相をしたり・・・。

そんなドアノブを開けてしまう猫ちゃん対策に使えるのが、OPPOのドアロック。レバーのロックだけでなく、扉を少しだけ開けておくドアストッパーとしても使えます。色は、オレンジ、ブルーグリーン、ベリーの3色。落ち着いた色で、可愛いのもよいですね。

猫が脱走するのを防ぐ網戸ストッパー

網戸を開けて猫が脱走するのを防ぐために、うちでは両親がガムテープでべたべたと・・・。でも人間が網戸を開ける際に不便だし、汚くなるんですよね。

そこで便利なのが、網戸ストッパー。簡単な仕組みでロックをかけるのも解除も楽チン、しかも防犯対策にもなります。

餌の徹底管理におすすめな鍵付きボックス

うちには療法食の猫がいるのですが、親が普通の餌を与えてしまう&扉を閉め忘れるということも発生したため、鍵付きボックスを購入してみました。

ネットで購入すると、3000円程度。引っかかりがほとんどないボックスで、鍵が引き手になるような作り。餌の管理を徹底したい方におすすめです!

さかぽん
かしこい猫ちゃんにぴったりな防止グッズ探し、相性もあるので失敗しても痛みの少ない値段のものがおすすめです。
可愛いペットのために「病気」にも備えておきましょう

これまでに9匹の猫と暮らし、4匹の猫とお別れしましたがペットの医療費は高額になりがち。

4匹のうち2匹がガンで、治療のための通院に〜月5万円の覚悟が必要でした。肥大していくガンを取り除くための手術も、複数回行いました。

愛するペットに少しでも辛い思いをさせたくない、そうなると病院に連れて行かないということはできません。

そこでおすすめなのが、病気に備えておく「ペット保険」。

たとえば10万円の診療費用がかかった時に、補償割合が50%のペット保険に加入していれば50,000円の保険金が受け取れます。

保険を選ぶ際におすすめなのが、ペット保険の資料一括請求サービス

ペット保険の資料一括請求サービス

ペットの種類や保険会社によって、保険料・補償内容が異なります。

パンフレットならそれぞれの内容をしっかりと比較でき、消去法で自分のペットにあった保険が探せるのでおすすめです。最後まで看取る、それが飼い主の責任です。

もしもの時の備え!ペット保険の選び方

ペットを病院に連れて行くと、費用は思っていたよりも高額になります。 その現実を知り「お金がないからすぐに病院に連れていけない」となった場合、受診が遅れれば遅れるほど大事なペットが辛い思いをします。 躊 ...

関連コンテンツ(広告含む)

  • この記事を書いた人
アバター

さかぽん

いろいろ聞かれることが多いので、「参考にどうぞ」と知人に情報を送る目的で書いていることが多いブログを運営。Web系なので(?)Webの情報に疑い深く、知識や検証を記録に残してたら10万PV突破。ひっそりしていたいタイプなので、”ナニコレコワイ”とビビっている日々。

-猫・ペット

Copyright© まちのWeb屋さかぽんの雑記ブログ-MIYAZAKI LIFE , 2019 All Rights Reserved.