猫・ペット

猫の死期が近づいたら。サポートのために準備しておきたいもの

愛猫に医師からの余命宣告。

何度も猫ちゃんを見送ってきた経験から、猫の死期が近づいたときに、「サポートのために準備しておきたいもの」をまとめました。



ハイカロリー食

ハイカロリーな食べ物があると、食欲がないときにも安心です。1日に必要なカロリーを知っておいたうえで、いつもの餌に混ぜやすいものを選びましょう。

ネコのカロリー計算/獣医師広報板

アース・ペット「にゃんにゃんカロリー」は1袋11kcalの流動食。「ちゅ〜る」みたいに直接あげることができます。

森乳サンワールドのエナジー500や、チューブダイエットはハイカロリーの粉ミルク。ご飯に混ぜたり、水に溶かしてスポイトであげたり、そのまま舐めさせたり・・・と猫ちゃんの状態によって工夫ができます。

エナジー500はAmazonで20g×6包1000円ほど。カロリーは100g当たり500kcalなので、1包あたり100kcalです。

チューブダイエットは療法食で「ハイ・カロリー」「カケシア」「キドナ(ネコの急性・慢性腎疾患用)」といった種類があるので、医師の先生に助言いただきましょう。ハイカロリーは、510kcal/100gなので、1袋20gあたり102kcalです。

好き嫌いもあるので、ムダにしてしまわないためにも、最初はバラ売りしているお店を探して買うといいかもしれません。

自力で食べることができなくなった場合には、流動食を与えるための注入器があると便利です。

人間用の食べ物ですが、コーヒーで使うポーションミルクや、料理用のクリームチーズ(塩分のないもの)も、高カロリー。ポーションミルクは小分けになっているので使いやすいです。


ウェットティッシュ

自分で体をキレイにしなくなると、手や口周りが汚れてきます。ウェットティッシュでキレイにしてあげましょう。

ペットシーツ

普段ペットシーツを使っていなくても、ペットシーツは必要になってきます。体力がなくなり起き上がれなくなってくると、ペットシーツを敷いてあげて、その場でトイレができるようにしてあげます。

そして、「最後の時」や、棺に納めるときにも・・・。

「安らかな最後」を迎えさせてあげるための心がまえ

愛猫の最後を看取るのはとても辛く、その後も”どうしてあげるのがよかったのか”、”もしかしたらあの対処は間違っていたのではないか”と心を痛めることになります。

「最後のとき」が近づいたなら、少しでも安らかに旅立たせてあげたいと思います。

なるべく知識をつけて、その心がまえをしておくことで、よりよい最後を迎えさせてあげられるはずです。


愛猫を火葬する場合の事前準備と悲しみを癒す手元供養品

【ペットを飼うなら】看取る覚悟が大事。愛猫を見送る日までの記録

さかぽん
1日でも多く、美味しいものを食べてもらって、少しでも辛くないように最後を迎えさせてあげたい。毎回その想いでいっぱいです。私自身も思い出すのはしんどい&返す言葉が難しいので、コメント欄は閉じます〜

関連コンテンツ(広告含む)

  • この記事を書いた人
アバター

さかぽん

Web系なので(?)Webの情報に疑い深く、知識や検証を記録に残してたら10万PV突破。ひっそりしていたいタイプなのに、”ナニコレコワイ”とビビっている日々。飽きっぽい性格、何かにハマっては次のものへ。レビューに最適です(プラス思考)ステマ嫌いのため、レビュー品はなるべく自分で購入してます。

-猫・ペット

Copyright© さかぽんブログ-MIYAZAKI LIFE , 2020 All Rights Reserved.